09/04(土)旅行6日目。
この日はDCA Prelim(予選)。
大きく言えばDCIではファイナル前に、クォーターファイナル、セミファイナルがありますが、
DCAではファイナルの前日に予選があるだけ。

14時スタートなんですが、10時か10時半頃からチケットは引き換え可能なので
散歩がてら事前予約してたチケットをゲットしに行きました。
ダウンタウンから北西に歩いて30分程です。
バスはあったのかな?

この日、見た目の天気は最高なんですが南からのハリケーンの影響なのかもの凄い強風でした。
数日前からテレビのお天気情報もハリケーン情報一色。
どこからか荒野の七人が聴こえてきそう。

よい天気

Marina Auto Stadiumです。
スタジアムに着くと全然人はおらず、チケットブースの窓口が開いてる状態でした。

南からスタジアムを見ると2

無事チケットの引き換えを終えホテルへ。
予選当日という事もあって自分が泊まってるホテルにもコーのバスが横付けされてたり、エレベーターも衣装や楽器持ってる人であふれてました。

1時半頃に再びスタジアムに着くと、観客で賑わってました。

先ほどのチケット売り場はスタジアム南側にありますが観客入り口は西側です。
入場の時に注意しなければいけないのは、警備員がいてカバンの中をチェックされ、
持っている飲食物は処分するように言われました。
テロ対策か、開催者の意向か?

中に入ると、各コーのブースがあったので早速物色。
一週間の旅行中、間違いなく一番金を使った。

スーベニアブース

コーのブースに夢中で最初のセレモニーは若干見逃したんですが、ここからは特に気になった団体の感想等を。

まず、Class Aからスタート。
Class Aってのは一昔前のDCIでいうDiv. 2ですね。
予選に出て来たのは12団体。まだ半分近くはGビューグルだったと思います。
ちなみに、日が出てるうちは風も強く、ハットが外れる団体が多くあり
中にはピットのドラが倒れるというハプニングまで…。

shenandoah sound
バージニア州の団体。
この団体結構変わった事をやってて、曲毎に二人のドラムメジャーが交互に振り、指揮を振っていない方はブラスラインに入って普通にプレイしてました。
バリトンを吹いてたドラムメジャーはソロまで吹いて結構上手かった。
ドラムフィーチャーかエンディングかで、演出として何人かがリンボーダンスをするシーンがあり
前述のバリトン兼ドラムメジャーはくぐった後、こっちに向かってオケツまで振る始末(笑)
とまぁVKチックな(?)笑かし方をしてくれました。
 
Govenaires
テーマタイトルを”Road Trip”と題して
On the Road Againとかやってました。良ーいねっ。
ところでサブドラムメジャーとして↓の人が指揮振ってたんですが、
この人に心当たりある人いますか?
どっかで見たよーな……?なんかのDVD?凄い昔からいるイメージ。
ご存知の方はぜひぜひコメント等を。


Govenaires

Carolina Gold
“Primary Suspects”と題して、緊迫したストーリーをフィールドで展開してました。
殺人事件が起こって誰が犯人か?という話、サスペンスものですね。
ハテナマークを大きくあしらったフラッグなんかを使って面白かったです。
オチ等はDVDで確認してください。

Grenadiers
メリロのストームワークスをフィーチャーしたショーをやってました。
ブラスがパワフルで非常に聴き応えがあり。
ちなみに、私の隣の席のご夫妻はここでトランペットとしてるとの事で、
ショーにとっても感動してました。

Class Aはこんなとこで。

さて、やってまいりました。Open Class 。
一昔前のDCIで言えばDiv. 1ですね。

CorpsVets
まず述べるのは、CorpsVets !!
98年設立のコーで、これまでもOne More Time~、When a Man~、Strawberry Soup、
La Fiesta、Remembranceなどをプレイしてドラムコー好きのツボをくすぐってきました。
今年は、Millennium Celebrationです。
まさかこの曲をオールブラスの生で聞けるとは思いませんでしたので、かなーり嬉しかったですね。

SF Renegades

Renegades Feature
やってまいりましたSan Francisco Renegades!! 7!7!7!
Open Classで3番目ぐらいの出演でしたが、
こいつらが出てくるとやはり観客も大きく盛り上がります。
今年はスペースオペラと題して、2001年宇宙の旅や惑星等のフィーチャーして来ました。
一時期よりも若干人数が減った印象はありますがそれでも、
観客の期待に応え、その勢いは衰えない!!
ショーの初っぱなからサークルで移動しながら2001年宇宙の旅のテーマをかましてくれたり、
フィーチャーで出て来たSopプレイヤーがピッコロソプラノを持ち出して来てくれたり。

Kidsgrove Scouts
続いては、Kidsgrove Scouts!!
ご存知無い方も多いでしょう。
正直私も知りませんでした。それもそのはず団体の100周年を記念して
ヨーロッパのイングランドからはるばる参戦して来たコーです。

前述のI&Eでも示した通り、ブラスがむちゃくちゃ上手かったです!
その自信かDCA参戦の喜びかを表して、ショウ前のウォームアップでは観客側を向いての演奏でした。
これまた、いと美し。
ショウが終わると彼らのナイスショウがそれまで降っていた雨を止まし虹まで呼んでしまいました!
もちろん観客総立ち!!
ショウが終わってからドネーション代わりに私も数枚Tシャツ等を購入。
I Love KS Tシャツです(笑)
ちなみに、先週09/25のDCE(Drum Corps Europe)チャンピオンシップで
このコーが見事チャンピオンになりました!!まさにワールドワイド。次は日本で……。
Kidsgrove Scouts終了後

Hawthorne Caballeros
そして、ついに来たーーーーーーーーーー!!
From Hawthorne New Jersey, Hawthorne Caballeroooooooooooos!!!!!
今回の一番の目的。
一つ前の団体を観ている最中から、フィールド横にCabsが現れて待機している時点でソワソワ…。

バッテリーのケイデンスと共にフィールドに入場して来ました。
Cabsが来ると、観客ももの凄い盛り上がりです。
明らかに今までの団体とは違います。彼らが空気を支配していました!!

そしてファーストポジションに立つと、Bull Callキターーーーーーーーーーーー!!!
最初からクライマックスーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

ショウタイトルは”Behind the Mask”スパニッシュのオリジナル曲です。
Caballeros好きなら気に入るでしょう。

ブラスのサウンドに関しては、個人的に一番好きでした。
なんとなく、キレイなんだけどこっちにキチンとぶつけてくれるという感じ…。

ところで、今回このコーで知り合いがプレイしてはいましたが
そんな掛け値無しで一番感動したのがこのCaballerosでした。
もちろん憧れていたからというのも理由の一つでしょうが、とにかく”衝撃”を受けた唯一のコーでした。

なんだか、9年前のオカヤマで初めて1989 JOKERSを”生で”観たときの衝撃や感動と
同じものを感じました。

ぶっちゃけショウの最中は観ながら号泣し過ぎて途中のコンテはちゃんと観れてなかったり(笑)
絶対となりの人ドン引きしてたやろな…。

Caballerosが終わってからは、ダッシュで裏に回ってその知り合いに声を掛けに行き、
あまりの感動でそこでも号泣(笑)
年下の男の胸で号泣する俺。立場逆じゃね?
今考えればかなり、いやむちゃくちゃ恥ずかしい…。

裏に回ってたのでHurricanesは観られず。

Empire Statesmen
続いてEmpire Statesmen!!

今年のショーは”Oz”そう、オズの魔法使いです。そしてフィールド上にはWicked Witch、
あの緑色の魔女も現れます。
ウィキッドのショウは以前USJで一度観ただけであまり把握出来てないんで、
ショウ内容については大きく触れません。

今大会で一番観客が盛り上がっただろうな、というのがこのStatesmen。
今までこの団体をビデオやDVDで観てもそういうイメージだったんですが
ただのマーチングではない、いかにもアメリカのエンターテイメントショウ!!
しかし大人っぽい、自分の中でこれこそDCAという感じでした。
生で今回DCAを観て一番好きになった団体ですね。

最後に登場したのが、Reading Buccaneers。
今回のショウは”Rome”と題して、ローマの松等を演奏しています。前年まで5年連続チャンピオンです。
そのサウンドはさすが、という感じですね。アイーダソプラノを大きくフィーチャーしていたというのも見所の一つなんですが、個人的見所としては
フィールドの所々に置かれたソロやガードを際立たせるお立ち台的なボックスの上で
あるカラーガードがここ一番という場面で手具を落としまったのを、他のガードメンバーがまるで演出であるかのように拾い上げ
美しく手渡すというのが非常に印象的でした。

とまぁ、印象的なところを簡単にレビューしてみました。

全ての演技が終わると、若干旅行の疲れが出始めたのかクタクタになりながらホテルに戻りました。
するとBridgemenのジョンから明日のAlumniショーの為の集合時間等を伝える留守電が。
なんと、衣装用の黒シューズと黒ズボンは持ってるか?との言葉が!!

持ってるわけねー!!!!!!!!(笑)

どうしようかと考え、ホテルのフロントに聞いてみる事に…(笑)
フロントに行き「変な質問なんだけど……、」と前置きした上で
黒ズボンとか貸してくれないよね、と聞くと

「No.」当たり前だよね。明日になったらその辺で店が開くから買えとの事で。まぁ当然の返事。

ジョンに持ってない旨を伝えると、とりあえず明日集合場所に来いとの返事。
さてさてどうなる事やら……。